株式投資をしよう

まず、おいらが株式投資をすすめる理由をいくつか紹介します。
銀行預金の悪いところを羅列するとこんな感じになります。

1.預金金利が非常に低いので、預金していても利子はほぼ0円なのだ。(利子収入は全く見込めないと思う)
2.ペイオフ解禁で、1000万円を超えた分は保護されない。
3.カード偽造事件での預金引き出し被害などがありますが、銀行は全く預金者を保護してくれない。

そうなんです。3.は、銀行のシステムを利用しているにもかかわらず、銀行は全く非を認め無いのです。
カードを偽造されて、カードのローン機能で引き出された分の支払いも預金者に求める始末なのです。

こんな、全く役に立たない銀行、預金者無視の銀行、利子収入の期待できない銀行にお金を預けておいていいんですか?
大事な自分のお金を銀行に預けておいたら、いつの間にか無くなっている可能性がありますよ。
(銀行によっては利子が高く、預金者保護をしている銀行もあります。例えばイーバンク銀行などです。)

そう、銀行に預けておくとリスクがあるのです。
そして、そのリスクに見合うだけのリターン(ここでは利子収入)は無いですよね。
だから、銀行に預けておくのはあまり意味がないと思います。

どうせ銀行に預けていてもリスク(カード偽造で預金がすべて無くなるリスク)があるのなら、リスクを自分でコントロールできる株式投資をしたほうが賢いと思います。

最近流行のインターネット売買をすれば、株式の売買手数料が格段に安く出来ます。数百円程度の手数料で株の売買が可能なのです。
特定口座を利用すれば確定申告も不要。
インターネットを利用できる環境があれば簡単に始められます。
もちろん、株式投資にはおいしい点がたくさんあります。

まず、株主優待制度がある銘柄がたくさんあること。
株主優待の参考例)
銘柄によってはこんなものをもらえるのだ。
銀行では預金すればティッシュをもらえることはあっても、こんなものはくれないでしょう。

次に、配当金がもらえること。
配当金は銘柄によって異なりますが、2~3%ぐらいの配当金をもらえる銘柄が多いです。
100万円分の株を所有すると、年間2万~3万の配当金となります。
銀行に100万預金したら年間10円?と大きな差があります。

そして、最大の魅力は売却益をもらえること。
株を買って値上がりすれば売却益がでます。
(値下がりすれば損になります。)
売却益が出るということは、大きく稼ぐチャンスがあるということなのだ。
世界経済の勉強、企業の研究、金儲けの仕組み、、、
いろいろなことを学ぶことによってリスクを減らしていくことが可能なのです。
値動きがあまり無い銘柄もあるので、それらを買えばほとんど値動きを気にせずにいられたりもします。
(株価変動によるリスクがあまり無い銘柄もあります)

今は100円程度で買える株もありますし、数万円の銘柄もたくさんあるので、手持ち資金が10万円ぐらいあれば十分に株式投資をはじめられます。

興味をもった方はぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに、今年になってからのおいらの株式運用実績はこんな感じです。
2005年株式運用実績

ここ数日は調子悪いですが、来週からはきっと爆上げなのだ。

金持王に俺はなる!
[PR]
by namekichi3 | 2005-02-05 10:41 | 株式
<< サキイカ 反省 >>